What’s UKIYO Project?

何故うきよなのか?

このプロジェクトはギター、ベース、ドラム、ボイス、篠笛、和太鼓 6つのピースで成り立っています。 組み合わせが変わっているだけではなく、一人一人がユニークなアイデンティティを持ったミュージシャン達が集いました。

私たちがこれらの音楽を通して目指すものは、世界に通じる芸術音楽です。

浮世絵は 世界中の大きなミュージアムでも高い評価を受け、ゴッホやドビュッシーなどの芸術の巨匠達に大きな影響を与えています。

そんな浮世絵には江戸のライフスタイルや文化、尺八・箏・三味線などの楽器も多く描かれています。

私たちが挑むのは21世紀の【うきよ】を音楽で創り出すことです。

平安では辛い世の中だから「憂き世」、江戸では辛い事も多いけど楽しく暮らそうという「浮き世」がありました。

今は人間がより人間らしく生きることができるようになり、世界中の方々と繋がれる「嬉しき世 」 ではないだろうか

音楽という芸術でそれを表現するのがUKIYO ORCHESTRAです。

HISTORY

・2006年ギター田中薫が自身の音楽を模索するためインドへ渡航。

・2007年バークリー音楽院に留学、David Fiuczynski氏にギターと作曲を師事。

・帰国後オランダから来日中のトリオ「フローティング・ワールズ」の前座を務めたことが契機となり、2010年に “UKIYO BAND” を結成。

・国内技巧派ミュージシャン等とともに関西中心にライブを重ねる。

・2013年にベルギー、ロンドン、ロサンゼルスの世界トップクラスのミュージシャン達をゲストに、アルバム制作を開始。

・2016年 アルバム” Ukiyoi “ をリリースし、全国ツアー。

・2019年 和楽器・ボイスを迎え “UKIYO ORCHESTRA”と改名

MEMBER

PICTURES